株の成功と失敗
投資のミスは成功へのヒントと言えます。失敗と検証を繰り返し、自分の投資ルールを確率させることが投資の世界では大切です。取引額を増やすのは、投資のルールとそれをしっかりこなせる精神力が身についてから行うことをお勧めします。

投資でミスをした場合どこを反省するか

投資でミスをした場合には、反省をしてそれを次に生かしていくことが必要でしょう。では、反省する箇所というのはどこなのでしょうか。過去の状況が明確にわからない場合には、実は反省のしようがないという点に注意しなければなりません。どこを反省するのかがわかるように、記憶しておく、あるいは記録しておくことは大事なことでしょう。例えば、ある企業に投資をして、その結果損失を発生させたとします。この時に、なぜその企業に投資をしたのかを覚えていなければ、反省のしようがありません。覚えていたのならそれが反省材料になりますが、記憶が曖昧であると、反省材料も正確に分析することは出来ないでしょう。ですから、買うときに、買う理由を記録しておくのは良い方法だと考えられます。なぜ買うのかということをきちんと理解しておくことによって、それをあとから見ればその理由を知ることが出来ますし、その判断が正しかったのか誤っていたのかを知ることもできるでしょう。この記録をするときには、できるだけ細かく記入しておいたほうが良いです。買おうと思う原因をできるだけ多く並べて、そして、同時に買わないほうが良いという原因をできるだけ多く並べます。そして、結果として度の判断が間違っていたのかを知ることができれば、次の投資に生かしていくことができるでしょう。それとともに、自分の知らないことについても学ぶことは必要です。例えば、分散ということを一切知らない人なら、資産を集中させすぎたことが原因で負けた可能性があります。勉強をしてみて、分散が大事なのだということがわかれば、反省材料の一つとすることができるでしょう。反省するためには知識も必要ですから、常に新しいことを学ぶ姿勢は必要となります。