株の成功と失敗
投資のミスは成功へのヒントと言えます。失敗と検証を繰り返し、自分の投資ルールを確率させることが投資の世界では大切です。取引額を増やすのは、投資のルールとそれをしっかりこなせる精神力が身についてから行うことをお勧めします。

投資におけるリスク管理の大切さ

資産運用のひとつとして投資があります。投資といってもその種類はさまざまで一般的には株・先物・為替などの金融商品や不動産運用を行う不動産投資、また金など高価な貴金属を購入する貴金属投資などがあります。しかし、投資を行う場合には必ずリスクが伴うためリスク管理が重要になってきます。投資をする以上は利益を得ることが目的になりますが、損失を被ることも多々あります。このためその損失に対してどれだけ耐えられるのかを予め認知しておく必要があります。特に投資は余剰資金によって行うことで損失を被っても普段の生活に与えるダメージを最小限に食い止めることができます。また現物取引であれば投じた金額分の損失しか発生しませんが、信用取引の場合には、自己資金の何倍ものお金を使うため、失敗した場合には投じた金額以上の損失を被ることになります。またひとつのものに集中して資金を投じる場合には成功すれば得られる利益が大きいものの、失敗すれば損失も大きくなります。このためリスク管理としては取引ルール、特に損切りのルールを徹底して無駄に損失を拡大させないことや、ひとつの分野に集中するのではなく分散して資金を投じること、また経済力に見合わない信用取引は行わないことやポートフォリオの管理などが重要になります。これらのリスク管理を行うことで資金を一気に流出させるといったことを防ぐことができます。一方でリスクヘッジ取引を行うことで損失が発生した場合にも対応できる取引スタンスをとることも重要です。ヘッジ取引はやや難易度の高いリスク管理になりますが、ヘッジ取引を適切に運用することでリスク部分の多くを回避することができ、浮き沈みの激しい相場を乗り切ることができます。